安全対策

安心して学べる
環境を作るために

  • 学校内における児童たちの安全対策が大きな関心事となっている昨今、危険を未然に防ぐ事が重要だと考えます。
    本校では、校内に警備員を配置して、巡回・来客のチェックなどしっかりと行い、子どもたちの安全を守っています。
    また、不審者の侵入を防ぐ一方、児童たちには防犯ブザーの携帯。保護者の皆様には、名札の着用とスクールバスによる通学をお願いするなど、万全のセキュリティ体制で児童たちの安全確保に努めています。「起こらない・起こさせない」ためにも常に緊張感を持ち取り組んでいます。

登下校・緊急お知らせ情報配信システムの導入

登下校時にICカードをリーダーにかざすことで、ご家族の携帯やパソコンに瞬時にメールで児童の登下校状況を配信出来る『登下校・緊急お知らせ情報配信システム』を導入しています。登下校状況が把握出来ることで、ご家庭に安心をお届け出来るようになりました。また、災害や台風などの緊急情報やお知らせ情報も一括配信。東日本大震災の際にも、迅速な連絡により、ご家庭との連携もスムーズに行えました。学校とご家庭のパイプラインを強化することにより、更なる安全対策に努めています。

  • 防犯カメラの設置

    校内に防犯カメラを設置。児童の安全を見守りながら、不審者への対応もすぐにとれるようになっています。

  • AED(自動体外式除細動器)
    の設置

    心肺停止は、児童にも起こりうる状態です。心臓がけいれんを起こし、機能しなくなった時のためにAEDを設置し、全職員が使えるように研修を行っています。

  • 救命救助研修(AED等)

    学校や校外で、子どもや保護者、そして学校関係者が命の危険にさらされた時に、応急的な処置ができるように、毎年、消防署の方を招いてAED等の研修を受けています。AED以外に、異物混入時の対処法や三角巾を用いた処置法、そしてエピペンの使用方法も学んでいます。どの職員も同じように、いつでもどこでも救命処置できるように訓練しています。

110番非常通報装置

不審者の侵入時や、子どもの怪我などの緊急時にボタンを押すだけで、職員が駆けつけるようになっております。

避難訓練

年3回児童対象で、全校一斉に避難訓練を行っております。

台風・地震・交通障害などに伴う措置について

●気象庁・各交通機関のHP

1:気象庁

http://www.jma.go.jp

4:新京成電鉄

http://www.shinkeisei.co.jp

(PDF 118KB)

2:JR東日本

http://www.jreast.co.jp

5:東葉高速鉄道

http://www.toyokosoku.co.jp

3:京成電鉄

http://www.keisei.co.jp