Other Information

インフォメーション

令和元年 4年 トヨタ原体験授業

4年生は、トヨタ原体験授業を受けました。中庭に車があったので、子どもたちはどんな授業だろうととても楽しみにしていました。3・4時間目に1組、5・6時間目に2組とクラスごとで受けました。

まず空気エンジンカーのエンジン音を聞いて、空気がおこす「パワー」を感じました。

次に、空気エンジンカーを使って、ボーリングをしました。1投目、空気エンジンカーが曲がってしまい、ピンを倒すことができません。そこで、どうすればピンを倒せるか班ごとに考えました。どの班からも「フロントを固定する」という意見が出ました。2投目、今度はまっすぐ進み、ストライクや1投目より多く倒すことができました。「コントロール」の大切さが分かりました。

外に出て、「パワーとコントロール」の大切さを学ぶために、実際の車を使って実験しました。まずはエンジンがかかってない状態の車を引っ張ります。1人では動かせません。5人でやっと動かすことができて、車の重さを体感できました。重い車を動かせるパワーを持つエンジンも見せてもらいました。最後は車のコントロール力を、実際に乗って体験しました。きれいな8の字を描いて動く車を見て、コントロール力の高さがわかりました。

楽しい授業だけではなく、素敵なプレゼントもいただき、子どもたちは授業が終わった後も嬉しそうに今日学んだことを話していました。

Copyright © Chiba Nihon Daigaku Daiichi Primary School. All Rights Reserved.